オットの誕生の経緯

 <オットの誕生した理由>
1995年頃に山田商店の得意先様が売上不振のため閉店を決意され、その後、店をどうするかと相談され
その頃、問屋の直営店がボツボツと出来始めていた頃でしたので
大阪などの問屋直営店を見に行ったりして、今後のモデル店として
1995年(平成7年)11月に「オット大浜屋」をオープンしました。
オットの由来はあまりの安さに「おっとびっくり」と言うわけで命名しました。
山田商店の基本的な考え方は今の小売店様が今後発展するにはオットの
ような売り方が一番良いと思い、オットシステム店を増やしていきました。

「オットシステム」直営店の他にも 独自で「オット方式」=お菓子専門ディスカウント店
に販売方法を替えられて 独立経営されている得意先様も有ります。

<オットシステムの現状>
2016(平成28)年3月1日 現在
現在の店舗・・・・「オットシステム」直営店3店舗 ・ FC店3店舗 ・ システム導入店2店舗
直営店:

オットプチハウス 碧南市 2004年8月より
直営店:

オットピコⅡ 高浜市 2006年12月20日オープン
直営店:

オット朝倉店 知多市 2008年4月18日オープン
FC店:

オット浄水店 豊田市 2013年1月23日オープン
FC店:

オットシャオ店 西尾市 2015年4月16日オープン
FC店:

オットリソラ大府店 大府市 2016年1月15日オープン
システム店:

オットアオミ様 碧南市 1997年4月27日オープン
システム店:

吉川酒店様 安城市 2003年11月19日オープン
 
 
(c) Copyright yamada-otto 2010 All Right Reserved
kadoko Corporation